×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キャッチ0

表紙

 性の悩みは尽きるところがありません。
 私がはじめて性行為を体験したのは19歳、ところは栃木県黒磯の温泉宿でした。
 相手は4つ年上の職場の同僚。かぶりつくようにして相手の女性にのしかかり、あっという間に行為が終わってしまったことを思い出します。ただの動物よろしく性欲を始末しただけのことで、喜びも何もあったものじゃありません。

 私は年上の女性の関心をそそるたちらしく、その後も、同じような年齢差の相手をつとめることが続きました。
 この世にある人を性別で分けた場合、女性の数が多いのは常識です。しかも、私の職場は7割以上が女性。いわゆる「行きそびれてしまった」人も多く、そういう人たちとちょっとしたきっかけで縁ができました。
 手当たり次第だったと言っていいと思います。
 性力にも自信がありました。

 ところが、結婚には何の関心もなくやがて迎えた40代、私は急速な性力の衰えを自覚することになります。

キャッチ1


 東京・立川市の駅から徒歩10分ほどのところに、飲屋街と1つ路地を隔てて、ホテルが2軒並んでいる場所があります。2軒のホテルは、値段が違い、格が違う。それで競合しない関係にあります。
 私はいつもそのうちの安い方を利用していましたが、ある午後(そう、夜ではありませんでした。午後でした)、つきあいはじめて間もない女性とそこに入りました。カーテンを閉め切り、部屋の明かりを最小限に落として、ベッドイン。
 しかし、行為が続いたのは、ものの15分でした。ということは、立たなかった? いえ、違います。立つことは立ったのです。でも、持続力がありませんでした。
 それは、私にとってはじめての体験でした。相手の女性もなにやら不満顔で、私は即座に謝りました。

 その女性とは、もう一度機会がありました。場所は同じ立川です。
 このときは、私は前回の記憶がまだ生々しかったので、高級なほうのホテルを選びました。部屋のムードが変われば、気分も昂揚する。前回のような失敗はないだろう。単純すぎるようですが、そう考えたのです。
 結果はだめでした。前回より多少はましで、相手の女性もそれなりにあるレベルまでは「達した」ようでした。時間もやや長かったでしょう。
 しかし、ことが終わって、部屋を少し明るくしたとき、私の目の前にあったのは、前回と似たような、いかにも物足りなさそうな相手の顔でした。
 その女性とそれきりの関係で終わったのは、いうまでもありません。

 性行為は、相手の女性あってのもの。自分一人が満足すればいいというものではありません。
 相手も自分も充分に堪能し、満ち足りた時を迎える。そうでなければ、本当の性の楽しみを味わうことはできません。
 私の40代前半は、その意味で情けないものでした。相手の女性に充分な満足を与えることができたのは、数えるほどしかありませんでした。
 性欲はむしろ以前にも増して旺盛でした。しかし、身体がそれに応えてくれません。私は、性欲=精神生理と性力=身体能力は別物なのだという単純な真理に気づかざるをえませんでした。

キャッチ2


 私が日々の食生活に気を配るようになったのは、その頃からです。
 私はずっと独身を続けていましたから、食事は主に外食でした。家庭料理は好きですが、一人暮らしの男が手料理を作るというのは面倒なものです。
 しかし、性力の衰えの自覚とともに、まずは外食偏重の食生活をあらためることにしました。朝は以前から簡単な食事を自分で作っていましたが、夜も調理をするようになりました。
 私は手先が不器用で、食材を切ることが何よりも苦手です。料理人には絶対になれないタイプの人間です。しかし、必死でした。格好悪くても、時間がかかってもいいから、とにかく調理をしました。
 酒場通いも、その頃からぷっつりとやめました。酒を飲むと、アルコールが刺激とっなて、性欲は確実に高まります。しかし、誤解している人が多いですが、性力は逆に低下します。多量に飲めば飲むほどそうなります。
 酒とセックスとどっちをとるのか?
 私は後者を選びました。

 ただ自分で調理すればいいというものではありません。
 医(薬)食同源という言葉があります。薬と食材は本来同じもの、病は食べて治すということです。
 性力を高めようとしたとき、古来から「媚薬」が多く使われてきたことは、ご存じの方も多いでしょう。現在でも、ネットショップなどでは大変な数と種類の媚薬が売られています。
 しかし、私は媚薬は考慮に入れず、医食同源を基本的な立場とすることにしました。つまりは、性力は食べて高める、これです。

 もちろん、やみくもに食べたところで、逆効果になる場合があります。食材と調理法を正しく選ぶこと、これが医食同源の基本です。
 私は、暇さえあれば図書館に通い、食材の知識を仕込みました。料理書も数え切れないほど多数読み、メモをとり続けました。そこから、私なりのレシピを構築していきました。
 それが、およそ10年続きました。

キャッチ3

 このレポートは、その10年の成果です。
 私は医学博士ではありません。 栄養学や調理の専門家でもありません。
 しかし、一般向けの世の多くの食材事典、料理書とは違い、このレポートには、私が自分自身の特殊な目的のために工夫し、試し、体験し、確信を得るにいたった過程のエッセンスが凝縮されています。
 このレポートがあなたのお役に立つことを、心より願っています。

“雨上がりAmeagari”磯山 彰


目次

はじめに 私のセックス体験、私の遍歴 5
Chapter 1 強精のサイエンス 9
●性のメカニズムと栄養素との関係を調べます。
Chapter 2 禁マークの食材 14
●多量に摂取してはけない嗜好品や食事バランスを考えます。
Chapter 3 起たない?続かない? 18
●長期的、短期的に症状の改善を図ります。
Chapter 4 最強の食材、レバーを極め尽くす 24
●パワーフードの王者、レバーのベスト・レシピ30をご紹介します。
Chapter 5 69のパワーフーズ&レシピ 57
●毎日の生活に取り入れたい代表的パワーフーズとそのレシピ集です。

◆A4判PDF(総ページ130)



特定商取引法に基づく表記